BLOGブログ

ジャケット(メンズ)

2020/06/26あきみせの袖丈詰めでも?

上着に関して私どもへ最もご依頼が多いのはやはりお袖丈詰めのお直しです

これは自分たち日本人にとっての宿命といってもいいかもしれませんが

ここのところお袖丈の設定がより長くなってきているようにも感じられますね

今回も海外ブランドのジャケットをお持ち込み頂きましたが・・・・・

ジルサンダーのジャケットをご依頼頂きました スーツの上着でサイズ44ですが、

お袖丈実測で65㎝ございます 細身なお客様ですがご身長もおありになって

けっして手が短い体型ではありません

それでもこれだけお袖丈が長いとお詰めする必要がありますね

構造的にはいわゆるあきみせのつくりですが・・・

通常お袖が本切羽ではなくあきみせのつくりの場合、袖先からお直しするのが一般的です

その場合詰め寸法にともなってお袖口の釦と切羽といってステッチも移動させます

今回のケースでも通常のあきみせの様にお直しできないことはないのですが

こういった海外ブランドですと国内のモノに比べ切羽が大変深くしっかりと施されています

このタイプも裏まで切羽が貫通しており本切羽に近しい入れ方になっています

このような仕様ですと元々の切羽を外すとステッチの跡残りが非常に目立ってしまいます

私共ではこういったデメリットが大き過ぎるお直しにつきましては基本ご提案は致しません

このような場合は本切羽と同様に袖山からお直しすることとなります

一旦お袖を肩から外して袖の上部をカットして再現しますので当然袖先部分は触りません

出来上がりにつきましてはほぼ現状回復といったカタチでご提示ができますので

ご満足頂けるのではと思っております

海外のハイブランドにつきましては特にこのような 切羽の仕様が多く、

袖山からお直ししないといけないパターンが少なくありません

お直しとしては技術的にも熟練を要しますし工賃も袖先からよりは割高になりますが

せっかくのジャケットでしたらあきみせでも仕上がりにはこだわって頂きたいですね

修理内容 ジャケット袖山詰め
金額 ¥8,800〜

ご来店・ご予約・お問い合わせはこちら

予約が簡単で仕上がりもすぐにわかる。
お得なセール情報の特典あり

老舗のお直し屋でお気に入りの服に新たな魅力をプラスしませんか?

こんな服でも直せるのかな?もう少しトレンドを取り入れたデザインにしたいけど、できるかな?など、まずはご要望をご相談ください。
服のデザイン、作りによっては、お客様のご要望を全て取り入れることが難しい場合もあります。
しかし、ご要望をお伺いしながら、出来るだけ理想の形に近づけられるよう、様々な角度からご提案をさせていただきます。

SARTOは名鉄店と名古屋店を構え、高級ブランドの洋服だけでなく、ウェディングドレスや革製品など、お直しに技術を要するご依頼にも多数対応してまいりました。他のお直し屋さんで断られたものをお受けすることもございます。その点では、「お直しの駆け込み寺」であると自負しております。
SARTOが他店と違うのは、フィッティングとお直しを担当する者が別だということです。フィッティングは専門に勉強してきたフィッターが行いますし、お直しは専門の職人が集中して行います。その分業制により、他店にはできない高度なお直しができるようになっているのです。
私たちは、「洋服を通して皆様の人生を応援させていただきたい」という思いで、常に高い技術を追求し、お客様目線に立ったサービスを提供しております。
どなたも、しばらく着ていないけれど、処分はできない大切な1着があると思います。そんな服に新たな魅力をプラスするのが私たちの仕事です。お直ししたい服があれば、ぜひご相談ください。

SARTO名鉄店(名古屋駅前店)
愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1
名鉄百貨店本店 メンズ館2F,4F
TEL:052-585-2803
営業時間:10:00~20:00
定休日:百貨店に準じます
SARTO名古屋店(丸の内店)
愛知県名古屋市中区丸の内2-16-22
エイチエフビル3F
TEL:052-211-7826
営業時間:12:00~17:00
店休日:日曜・月曜・祝日
※名古屋店のみ完全予約制