BLOGブログ

レザー・ダウン

2015/10/02今のうちにお直しすると丁度いいです

10月に入り本格的に秋到来です。

 

 

 

待ち行く皆さんの装いも変わりジャケットや軽めのコートをお召しの方も増えましたね。

 

しかし久しぶりに着てみたら「あれ?何か違う?」と思ったことはありませんか?

 

流行の変化から来るシルエットの違和感と言うのはアイテムによっては起こりうることです。

例えばダウンジャケット。

 

モンクレールなんかは数年前はボリュームのある形が好まれていましたし、

 

何より私たち日本人には基本的に大きすぎます。

 

この手のアウター類はリフォーム不可と思っている方も多い様ですが、

 

昨シーズンは例年より多くの持込がありました。

 

特に袖丈は詰めれるものも多いですよ。

しつけ糸で出来上がり線の印をします。

 

「返し」があるタイプの袖なので内側も外して行きます。

ダウンがこぼれない様、裁断前にミシンをかけます。

 

コレポイントですね。

後は三つ折りをしてライナーを付け直すだけです。

 

途中の行程を少し端折ってますが

 

針跡が残るのでナイロンやダウンは一発勝負!

 

作業時間も掛かりますが、緊張感がちょっと他とは違いますね。

昨年ですと10月頃の持込で2ヶ月くらいお直しの時間をいただきました。

 

シーズンが近づいてからだと着用時期を逃してしまいますので重衣料のリフォームは

 

早めに検討していただくと良い時期にご用意できます。

 

モンクレー、デュベティカ、各種アウトドアブランドは

 

デザイン上難しいのも確かにありますが

 

皆さんが思っている以上にリフォーム可能な物が有りますので

 

検討されている方は是非ご相談下さい!

修理内容 ダウンジャケットの袖丈詰め
金額 ¥9720~(デザインにより異なります)

ご来店・ご予約・お問い合わせはこちら

予約が簡単で仕上がりもすぐにわかる。
お得なセール情報の特典あり

老舗のお直し屋でお気に入りの服に新たな魅力をプラスしませんか?

こんな服でも直せるのかな?もう少しトレンドを取り入れたデザインにしたいけど、できるかな?など、まずはご要望をご相談ください。
服のデザイン、作りによっては、お客様のご要望を全て取り入れることが難しい場合もあります。
しかし、ご要望をお伺いしながら、出来るだけ理想の形に近づけられるよう、様々な角度からご提案をさせていただきます。

SARTOは名鉄店と名古屋店を構え、高級ブランドの洋服だけでなく、ウェディングドレスや革製品など、お直しに技術を要するご依頼にも多数対応してまいりました。他のお直し屋さんで断られたものをお受けすることもございます。その点では、「お直しの駆け込み寺」であると自負しております。
SARTOが他店と違うのは、フィッティングとお直しを担当する者が別だということです。フィッティングは専門に勉強してきたフィッターが行いますし、お直しは専門の職人が集中して行います。その分業制により、他店にはできない高度なお直しができるようになっているのです。
私たちは、「洋服を通して皆様の人生を応援させていただきたい」という思いで、常に高い技術を追求し、お客様目線に立ったサービスを提供しております。
どなたも、しばらく着ていないけれど、処分はできない大切な1着があると思います。そんな服に新たな魅力をプラスするのが私たちの仕事です。お直ししたい服があれば、ぜひご相談ください。

SARTO名鉄店(名古屋駅前店)
愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1
名鉄百貨店本店 メンズ館2F,4F
TEL:052-585-2803
営業時間:10:00~20:00
定休日:百貨店に準じます
SARTO名古屋店(丸の内店)
愛知県名古屋市中区丸の内2-16-22
エイチエフビル3F
TEL:052-211-7826
営業時間:12:00~17:00
店休日:日曜・月曜・祝日
※名古屋店のみ完全予約制